園長の受難

今年もやっちゃいました。
アシナガバチにバチバチバチッと刺されました。
(園長が…)

ブドウの袋がけが終わってハウスのビニールを取っ払ったら、
今まで見て見ぬ振りをしてきた伸び放題の草や、花木の手入れをします。
このときに不用意に枝を触ると、葉陰にひっそり下がっているアシナガさんの巣に触ってバチッとやられてしまうのです。
毎年です。
わかっているのに、ちょっと気を抜くとやってしまいます。

日頃はおとなしくて、人が近寄っても安全なアシナガさんですが、巣が大きくなるこの時期は攻撃性が出てきます。
うっかり何度かニアミスすると、堪忍袋の緒が切れて、バチバチッと痛いしっぺ返しを受けてしまいます。

今回も何ヶ所も刺されてしまいました。
これからの時期、皆さんも お気をつけて。

同じハチでも、ブルービーは攻撃性もなくて愛らしいんだけどなー。

ひなまるnekomarusennsei  at 08:13  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! ぶどう | つれづれ 

やっと夏が来ました

7月も終わりというときになって、
ようやく待ちに待った夏が来ました!

早々に梅雨明けしたわりに、その後も毎日のように雨が降って、じっとり蒸し蒸しが7月下旬まで続いていました。
その間、愛あるブド・ボラさまたちが無償の愛で袋かけをお手伝いしてくださり(汗だくでしたね)、リモートのブド・ボラさまたちからの声援と物資で心と体の栄養補給をしつつ(この栄養なしでは最後まで走り続けられませんでした)、先日ようやく棚の上を覆っていたビニールを取っ払いました!

スッキリ

ビニールがなくなった途端、ぶどうがのびのびと枝葉を伸ばしているように感じられて、嬉しくなってしまいます。
ここ数日は雲ひとつない青空が広がって、棚下には涼しい風が吹いて葉っぱを揺らしています。

ブルービーちゃんは毎日やってきて、お腹を波打たせて蜜を吸っています。
夏バテ知らずですね~。
(↓羽は動きが速すぎて写ってませんが、ちゃんと飛んでます)
DSC_0967R
 

ひなまるnekomarusennsei  at 17:56  | コメント(2)  |  この記事をクリップ! ぶどう  

梅雨明けとブルービー

梅雨明けしたとたんに気温が34℃!
こんな暑さにもかかわらず、袋かけをお手伝いしてくださっているブド・ボラさんたちの元気なこと。
ぶどうの棚下は葉っぱで日陰になっていますが、気温と湿度がどんどん上がる中、首に保冷剤を巻いて「今夜はビールが美味しいね」と言いながら袋をつけていってくれました。
感謝でいっぱいです。
袋がかかると、虫の攻撃と、雨に濡れて病気になることから守られるのでひと安心です。

今朝、庭の花に、今年初めてのブルービーが来てくれました。
去年は毎日来てくれましたが、決まって、お昼の一番暑い時間帯の1時間くらいの間でした。観察していると灼けつくようで。今年は朝に時間替えしたのかな。朝ならじっくり観察できます。
クチを伸ばして蜜を吸っているように見えましたよ。
明日も探してみます。

ひなまるnekomarusennsei  at 02:37  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! ぶどう  

チョキチョキ

7月に入りました。
大きな豪雨災害のニュースに胸が痛みます。
このあたりはこれからが豪雨の本番。
お手伝いくださるブド・ボラさまたちの安全を第一に、
天気予報に注意して行動します。

ところで、ぶどう畑のノンストップ・ジェットコースターは?
前半戦最終の山場「袋かけ」に向けて、最大ピークを真っ逆さまに下っています。
もはやフリーフォール!ぎゃ〜!

雨が降ろうが、雨除けビニールの下がサウナと化そうが、とにかく摘粒!
余分なブドウの粒を切り取って、房の形を美しく整えます。
同時に粒数を制限して、早く甘〜くなるようにするんです。
摘粒が終わった房はブド・ボラさんの力をお借りして袋をかけて、収穫の日まで病気や虫から守ります。

ご存知のように、うちの畑は虫天国。
できるだけ早く袋をかけて、虫たちの食欲から果実を守りたい。
そのためにもとにかく摘粒。

チョキチョキ、チョキチョキ、チョキチョキ…。
摘粒バサミを持つ指が擦れて皮がむけてます。
朝から晩まで、暗くなったらヘッドライトを灯しながら、時間を惜しんで摘粒ざんまいです。



 

ひなまるnekomarusennsei  at 22:37  | コメント(2)  |  この記事をクリップ! ぶどう  

VIP

ブログを更新する余裕がないまま、気がつけば1ヶ月も経っていました。

朝から晩までブドウと取っ組み合いしています。
種無し処理、摘粒、枝管理…と、やってもやっても仕事の終わりが見えないこの時期。

頭から湯気が出そうになったら、畑のはじっこの紅葉に繋がれて、ゆうゆうと涼んでいるヒナを見に行って心をゆるめます。
この木陰は、気温が30℃以上になってもヒンヤリと涼しい畑の中の一等地です。
ヒナは私たちの奮闘などどこ吹く風で、ぐっすり眠っているか、半径2メートルくらいの行動範囲の中で小動物を見つけて闘いを挑んでいます。

今日は、むだ吠えしないヒナがワンワンとうるさいので見に行くと、目の前に子うさぎが飛び出して来ました。
握りこぶしくらいの大きさの、茶色くてふわふわの子うさぎでした。
小さくても確かに脱兎の如く、ヒナと私の目前を一瞬で突っ走ってブドウ畑の茂みに飛び込みました。すごい勇気。

また会えるかな?
57BF1002-2442-4220-BBA2-A14771492F93



ひなまるnekomarusennsei  at 23:11  | コメント(2)  |  この記事をクリップ! ぶどう  

夕方でしたが

花セットやっています。
朝から晩までチョキチョキ、チョキチョキ…。
修行です。

夕方、疲れた目をくじゅうのお山に向けると
一日中降っていた雨が止んで青空が見えて
モーニング・グローリーのような(夕方ですけど)
長く美しくロールした雲が、山から転がり下りてきているところでした。

カメラを取りに帰っている間に、雲はほどけてしまっていました。
すごく美しかったのに残念。
こういうときはスマホがあると便利ですね。
DSC_0955R

ひなまるnekomarusennsei  at 22:02  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! つれづれ  

ジェットコースター発車

いつの間にか梅雨に入っていました。
ブドウたちはグングン、グングン、グングン…育っています。
1日でいったい何センチ伸びるつもりでしょう。

もう少しゆっくり行きましょうや、と言いたいところですが、
この方たちにわたしの都合は通用しませんので、黙々と作業するのみです。

そして恐れていた、いや、待ちに待った開花発表の時が訪れました。
一番乗りはキャンベルスアーリー。
今朝、見つけてしまいました。ああ…。
キャンベルさん、今年はちょっと早くないですか?

と言うことで、いきなりのジェットコースター・シーズン、突入です。
途中下車不可、発車オーライ(いや、まだ心の準備が…)
ギャ〜😱🙀


 

ひなまるnekomarusennsei  at 12:53  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! ぶどう  

高倉整備工場

今朝、久住中岳の山頂付近は白くなってました。
この時期に雪?
ここ数日は畑に強風が吹き荒れ、昨日の最高気温8℃、今朝の最低気温は3℃。5月に入ったというのに、霜害が心配でおちおち寝てられません。

とはいえ、日が照ればブドウの雨除けビニールの下は夏日です。
パンデミック中のサルハムシは気温が上がるとご機嫌に動き回るので、わたしたちは朝から晩までずーっと虫取りに追われます。
サルハはせっせと芽を食べているのに、わたしたちは食べる暇も惜しんで虫を追わねばならないなんて、なにか釈然としない…。

時間が惜しいこういうときに限って、機械も壊れてくれるものです。
今すぐ刈りたい!というタイミングで草刈機に異変。
わたしにはチンプンカンプンですが、どうもアクセルワイヤーが切れたらしい。
連休中で修理に出せないし、部品も調達できない。

こんな時は園長の整備工場が開業です。
バイク好きだった園長はバイクを通して機械の整備を覚えたみたいで、大概の故障は修理します。
うちの数少ない機械類は化石化した年代物で(いただきものが多いのです)、園長が日々こまめに整備しながらなんとか動かしています。部品ももう売ってないから、代わりになるものを見繕って使います。

今回のアクセルワイヤーの代替は自転車から部品を取って、わたしも猫の手くらいの手を貸して、1時間後には無事復活しました。

手前の自転車から部品を調達
 D1379898-CEE6-4A92-9E36-5542D3338166


ひなまるnekomarusennsei  at 21:28  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! ぶどう | つれづれ 

GW波乱の幕開け

5月が始まりました。
ここは昨日から台風並みの突風が吹いてます。
今朝はさらに強いようです。

ぶどう棚の下でパンデミック中のサルハムシ・ハンティングに集中していると、
ビニールハウスのビニールが強風にあおられて
パン、パン、パン…とあちこちから音がして気になっていました。
(もしやビニールが外れてる?)
見回ってみると心配していたことが起こっていて、あちこちで外れていました。

サルハムシに心を残しつつも、ビニールが外れてしまっては大変。
園長と力を合わせて張り直し。
真剣に力を合わせないとビニールが風に持って行かれてしまうし怪我もするので、腕に全力を込めます。
張っても張っても、またあっちで飛ばされて…。

こんなこと初めてです。
そこそこの台風に耐えるのに、突風の力はすごいです。
ビニールを留めて、サルハムシをザーッとチェックして、家に帰ったのは暗くなってからでした。

霜害にサルハムシに強風。
波乱の農繁期、幕開けです。




ひなまるnekomarusennsei  at 08:14  | コメント(2)  |  この記事をクリップ! ぶどう | つれづれ 

4月末日

あーっという間に4月の最終日になっていました。
今年は春が早くやってきて、ぶどうも最速で萌芽しました。

春が早いのは一般的には嬉しいことだと思うのですが、
農家にとっては一大事です。
いつもだったら4月の半ばごろやっていたことが、4月の初めにやってしまわないと間に合わない!
例年通り4月にやっておくべきことと、春が早くきたために前倒しでやらないといけないことが重なって、毎日かけっこのように走り回りながら、1か月の中に1ヶ月半をぎゅーっと詰めこんだ日々を過ごしています。

そして、いよいよサルハムシのパンデミック が始まりました。
これまでもちょこちょこ出ていて目が離せなかったのですが、今朝はドッカーンとたくさん出てました。
毎年ぶどうの芽をこんなにたくさん食べて、そろそろ飽きてくれないかな。
GWは、やはり今年もサルハムシウィークになりそうです。
 

ひなまるnekomarusennsei  at 13:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! ぶどう