トップページ » ちいさな楽しみ
ちいさな楽しみ

巡蔵

今日は「ぶんごおおの巡蔵」という
豊後大野市の4酒蔵の合同酒蔵びらきのイベントに行ってきました。
「KEIDOAN(敬土庵) featuring Yoshiko」が
浜嶋酒造でJAZZライブをしました。
今年も、酒瓶片手にほろ酔い気分の大勢のお客さんたちと
ライブを楽しみましたよ~。
↓ この演奏が終わったら、園長は100%畑モードに切り換えです。
DSC_0596_R





ひなまるnekomarusennsei  at 22:34コメント(0) この記事をクリップ! 

図書館で欲張る

1年ぶりくらいに県立図書館に行ってきました。

竹田市立図書館の大ファンではあるけど、県立図書館の蔵書の魅力には抗えません。
ほんのちょっと立ち寄るつもりが、てんこ盛りのカートを押しながら、昼ご飯も忘れて書架の間を巡っていました。

「市立図書館」の特筆すべき大好きな点は、見返しを開くと、本の帯がかわいくカッティングされて貼りつけられているところです。
司書さんたちの「本愛」ですね~。
帯には本のウリが惜しみなく宣伝されているし、あらすじもわかります。
本屋さんで本を手に取るのと同じ様に、帯を読んで内容をじっくり吟味して、読む前のワクワク感も一緒に借りることができる幸せ。

一方「県立図書館」の本には帯は残っていません。本の中身についての情報がないので、題名と作者名から想像して、イチかバチかで借りるしかない。普通の図書館はこのパターンですよね。

本の魅力が詰まった帯。捨てずに活用してもらえると嬉しいんだけどなぁ~。

とはいえ、市立図書館にはない、写真や図鑑や料理の本をたくさん借りることができました。読み物も少し。
園長の貸し出しカードも駆使して、1回では運べない重さ(笑)!
欲張りました。


ひなまるnekomarusennsei  at 18:02コメント(0) この記事をクリップ! 

愛に勝るオリジナリティーはない

今週の日曜美術館(NHK)は大好きな田淵行男氏でした。

70年近く前の山の写真は、全く古さを感じません。
美しすぎて近づきがたいほどの神々しさです。
と言っても、強調や装飾はなくてあるがまま。
その世界のすみーっこのほうに、ちっちゃくなって正座して見せていただいているような気持ちです(笑)。

高山蝶の細密画も
対象との間に一対一の緊張感がピーンと張りつめている感じがします。
他者が入り込めないような、
でも息を止めて、目を近づけて、のぞき込まずにはいられません。

番組の中で
「愛に勝るオリジナリティーはない」と評されていました。
それに尽きるなー。


ひなまるnekomarusennsei  at 10:50コメント(0) この記事をクリップ! 

ヒナも走る師走

朝は氷点下が普通になって、例年通りの師走がやってきました。

ヒナは風邪ひきが治って、ふわふわの冬毛が生えそろい、北海道仕様に変身しました。
こうなったらもう冷え知らず。
足から耳の先まで、絨毯のようにみっしりと毛でおおわれていますから。
夕方の散歩のときは闘牛の牛みたいに鼻息荒く、園長の自転車を引っぱって疾走します。
帰ってきたら、毛皮がない園長の顔や耳は寒風でシバれて真っ赤です。

私はというと小さな家庭菜園の植栽計画やってます。
植えてみたい果樹、育ててみたい花、美味しそうな野菜…。
飽きることなく本やカタログをめくって、理想の畑を思い描く、この時期が一番楽しい。
(想像ではターシャさんのお庭みたいになっているんですが、実際はヒナの額くらいの菜園です。)

冬に入るころは血気盛んで、だんだん現実に戻って、春になるとおなじみの菜園のまま。そんな予感を感じながらも、時間を忘れて想像を膨らませてます。



ひなまるnekomarusennsei  at 18:21コメント(0) この記事をクリップ! 

青梅

毎日飛ぶように時間が過ぎていきます。

梅の収穫まであと1週間かなぁと予想してましたが、早めに収穫しました。
黄色く熟すまで待っていたら、雨にあたって表面がひび割れてしまったことがあるので。
今年の梅は全部シロップに。

このクエン酸が私たちの夏の元気の源です。
DSCN7588_R



ひなまるnekomarusennsei  at 22:02コメント(0) この記事をクリップ! 

梅雨の晴れ間

梅雨の晴れ間。
山野草の花が咲きました。
タマガワホトトギス、すがすがしい。

センノウのほうは、買うとき「フシグロセンノウ」と書いてあったんだけど、絞りが入ってました。
別の種類なのかな?
ま、綺麗だからいいか。
ほとんどが白や紫の庭に、センノウの朱色は貴重です。
DSCN7582_R

DSCN7584_R

畑では草が激しいことに。
軽トラが通るところだけ、園長が草刈り。
それにしてもすごい量。
これが全部食べれるものだったらなぁ。
DSCN7576_R



ひなまるnekomarusennsei  at 06:49コメント(0) この記事をクリップ! 

私が好きなもののうち、ここでも手に入るもの。
「本」
何でもいいから毎日、少しでも読まずにはいられない。

図書館で、園芸の本と、寝る前にちょこっと読む軽い読み物を借りてきた。
園芸関係の本は何度も同じ本を借りているけど、全然飽きない。
美しい植物の写真には癒される。
この時期、読書に割ける時間は寝る前のひと時だけなので、軽い読み物は眠気も誘って一石二鳥。

これにプラスして、今回はKさんから、屋久島にゆかりがある本をたくさんお借りしてきた。
山尾三省、星川淳…。
ここからは新しい世界が広がっていきそうな予感。

さて、今夜は何を読もう。


ひなまるnekomarusennsei  at 22:25コメント(0) この記事をクリップ! 

じいちゃんのシャクヤク

今年も「じいちゃんのシャクヤク」が咲きました。
いい香り(#^^#)~

私に植物という一生の楽しみを教えてくれた祖父。
祖父の庭にはそれはもういろんな種類の草花や花木、果樹があって、そのなかでもシャクヤクは咲きそろうととても豪華でした。
もう30年以上も前ですが、ピンクと白のシャクヤクを株分けして実家に植えてくれました。
そのうちの1株が我が家に流れ着いて、今は私たちを楽しませてくれてます。
DSCN7500_R


ひなまるnekomarusennsei  at 21:23コメント(0) この記事をクリップ! 

憩いのひと時

夕方になると、ビニール張りで肩こりこり。
そんな時は夕御飯のことはしばらく忘れて、小さいけど最大の楽しみを解禁。
庭の山野草を見てまわります。
すると、日陰でもひっそりと花盛りシーズンが始まってました。
やっぱり春ですね~。
疲れがすっとひきました。

ヒトリシズカ
DSCN7455_R
鳥の羽が開いたみたいなコゴミの庭。大好きな場所。
DSCN7467_R



ひなまるnekomarusennsei  at 21:22コメント(0) この記事をクリップ! 

ラテンはいい

今日は雨になりました。
天気を理由に息抜きできるのもあと数日。

昼間にお出かけなんて貴重なチャンスなので、隣町のチューリップ祭りにライブを聴きに行ってきました。
肝心のチューリップは雨空に色がちょっと沈み気味だったけど、見に行けるとしたら雨の日限定だから仕方ないか。

リトモ・カリエンテ・ラテンジャズの演奏を聴いて気分は一気に夏に。
湿度が吹き飛びました。
道の駅の隣のジェラート屋さんの桜のジェラートも美味しかったですよ~。
IMG_1809_R




ひなまるnekomarusennsei  at 20:46コメント(0) この記事をクリップ!