トップページ » 北海道犬 ヒナ
北海道犬 ヒナ

ヒナ駆ける

ヒナは今日も絶好調。
ヒナが駆けまわって飛んでいるところを大きくして載せたかったのですが
画像の加工の仕方がわかりません。
犬バカ、とほほ。
DSC_0640R
 

ひなまるnekomarusennsei  at 12:38コメント(0) この記事をクリップ! 

今日も…

♪ 三本松は今日も雨だった…

降り始めてからもう3週間が過ぎました。
夏にこれほど降り続けるのは初めてのことです。
梅雨が戻ったような高温多湿の中、ブドウたちはがんばってくれています。
でもうちはハウス栽培ではなく露地なので
ずーっと雨に当たりっぱなしで、さすがに心配です。

そろそろ出荷の時期が近いんじゃない?と、お客さまからの問い合わせも入ってきています。
お客さまは、当園の悲喜こもごもを一緒に経験してこられたツワモノ揃い。
私の自慢なんです。

雨が降ると「玉割れはしてないか?」
台風が過ぎると「傷んでない?」
と、我がことのように心配してくださいます。
胸が熱くなります。
この気持ちを込めて、ブドウをお届けしたいと思っています。

さて、畑では小さな獣たちがブドウの食べ放題パーティーを開いている模様。
綱紀粛正のため、ヒナの投入も近いです。

待ってましたと畑を走り回るヒナ
DSC_0580R

はりきって畑のあちこちに大穴を掘りまくり、園長に御用となったヒナ。
ネズミとモグラはいいから、タヌキやアナグマやテンににらみを利かせて。
注:園長がほっそり見えるのは写真がやや縦伸びしているからです。
実際はほっそりしていません。「千代丸」と呼びたいくらいです。
DSC_0602R



ひなまるnekomarusennsei  at 22:38コメント(2) この記事をクリップ! 

青空だ!

久しぶりに青い空が見えました。
すぐ曇りましたが。

それでも一瞬、夏が戻ってきた!
ここまで雨が続くと蒸し暑くても何でも、
とにかくお日さまにあたりたい。

お日さまがなくても草はよく伸びます。
ヒナの小屋の周りの草刈りしてあげないと、
姿を見失ってしまいそうです。
小屋の前あたりは、ヒナが自分で爪で地面を掘って、
太い根っこは歯で引き抜いて、草むしり(?)しました。
 FE8AA832-EDE5-4410-B202-5B7CAA6B3A06
AA1DFACB-806F-4581-B5A7-085737AC6665



ひなまるnekomarusennsei  at 16:08コメント(0) この記事をクリップ! 

ヒナその後

お盆に怪我したヒナの前足のその後。
今はもう痛みはないみたいで、元の猛犬に戻りました。

数日間、痛々しく3本足で歩いていましたが、
その間は私たちから最大限の愛情を引き出して、
外犬から土間犬に昇格し、ササミのオヤツをしばしば堪能し
足が治った今も、 
その特権を手放したがらずに困っています。

本当はお盆明けに動物病院に連れて行きたかったのですが、
台風のせいで延期していたワインの仕込みが待ったなしであったこと
私自身が皮膚科に行かねばならない事態となったこと(たいしたことではありません、後日改めて)、で
元に戻ったように見えるヒナにしわ寄せがいきました。
ごめんね。

なんにしても、元気です。
ご心配、ありがとうございました。 

ひなまるnekomarusennsei  at 07:30コメント(0) この記事をクリップ! 

ヒナ受難

早めのお盆参りで丸一日家を空けて戻ったら
ヒナが右前足を上に上げたまま痛そうにして、3本足で歩いてました。
犬小屋の出入りもつらそう。
土間に来る?と聞いたら、そそくさと入ってきました
(土間のコンクリートでヒンヤリするのが大好き犬)。

骨が折れているような感じではないけど、触らせてくれなくてよく見れない。
鎖にでもひっかかったのかなぁ。
こんなとき、話せたらいいのに。

いつもエナジーの塊なので、こんな元気がないヒナは初めて。
疾走するのが何より好きなのに走れなくなったら…と思うと心配で、
ダメもとででいつもの動物病院に行ってみたけど、当然お休みでした。
お盆に入ったばかりですものね。
きになるけど、病院が開く16日まで様子を見ることにしました。

食欲は全く衰えてないので、土間でゆっくり養生してもらいましょう。

 

ひなまるnekomarusennsei  at 18:46コメント(0) この記事をクリップ! 

よく降ります

春に3日の晴れなし
とは言うものの、このところ本当によく降ります。
これだけしっかり降ってくれれば、先日株分けして植え替えた草花の根が土によくなじみます。

目覚めの春は、別れの春でもありますね。
芽吹きがすぐそこまで来ているはずなのに、
冬に戻ったような重たい雨空を眺めるとさびしいです。

そんな時はヒナを見て元気出しましょう
 ↓ 去年の今頃のヒナ 太い枝をカミカミするお仕事
DSCN7308_R



ひなまるnekomarusennsei  at 16:23コメント(0) この記事をクリップ! 

ヒナ誕生日

3月3日はひな祭り。
そしてヒナの誕生日。
元気に7歳になりました。

あいにくの雨で大好物のお散歩はナシ。
代わりに「くろがね(北九州の堅パン)」とササミをもらって
小屋に引きこもってます。

私はミシン仕事。
久々でうまく縫えない~。
DSC_0505_R


ひなまるnekomarusennsei  at 17:53コメント(0) この記事をクリップ! 

北海道犬

ヒナは北海道犬です。
見た目は柴犬のようですが、中身は全く違う犬種です。
NHKで「日本犬の源流」をさぐる番組を見て、北海道犬がますます好きになりました。

番組で日本犬にまつわる豆知識が増えたので以下に。

日本犬はDNAの違いで、大きく「縄文犬種」と「弥生犬種」に分けられます。
ざっくり言うと、南アジアから台湾や沖縄を経て渡ってきた古い犬が縄文犬で、その後、中国や韓国を経由してきたのが弥生犬だと言われています。

主な日本犬(柴、甲斐、紀州などなど)は弥生犬のDNAを引き継いでいます。
これに対して縄文犬は琉球犬と北海道犬だけです。
地殻変動で海で隔たれたために、縄文犬のDNAが守られたようです。
そうは言っても、見た目も性格も同じように思える縄文犬と弥生犬。

縄文犬の特徴は、舌に舌班とよばれる青いあざがあることです。
人間でいう蒙古斑みたいな感じ。
ヒナをもらったとき、舌に紫色のあざがあるので病気かと思って慌てました。
目から鼻にかけての段差が浅く、噛む力が強いことも特徴です。

日本犬全般に言える特徴は、飼い主以外の人に馴れにくく、独立心が強いことです。洋犬は初めて会う人にもフレンドリーで、人に撫でられるのが大好きですよね。
日本犬と飼い主の関係はもっとあっさりしています。
ベタベタ撫でられることをあまり喜ばないし、初めて会う人には警戒心が強い。ヒナの前は秋田犬を飼っていました。大人しくてとても優しい子でしたが、ご飯と散歩以外は感情をあまり表に出しませんでした。わさおタイプです。ヒナはわりと感情を出すほうで、私たちにはとても懐こくくっついてきます。外から来る人にはガンガン吠えて怖がられますが…。

とっつきにくい日本犬も、飼い主と強いきずなで結ばれていることは洋犬と変わりなく、洋犬はアイコンタクトだけではオキシトシン(幸せホルモン)が出ず、撫で撫でされたりしてスキンシップを伴って初めて分泌されるのに対し、日本犬はアイコンタクトだけでも分泌されることがわかっています。
顔には出さないけど、本当は飼い主大好き犬なのです。

以上、犬大好きレポートでした。

ヒナ:おやつちょうだいよー
DSCN7227 (1)

園長:しかたないなー。よしよし。(ヒナにコントロールされる園長)
DSCN7225 (1)



ひなまるnekomarusennsei  at 13:04コメント(0) この記事をクリップ! 

今年はヒナがお手本

正月の3が日ももう終わり。
うららかなお出かけ日和にもかかわらず
園長は部屋にこもって年賀状書き。

過去も未来も考えず、今を生きるヒナには幸せがいっぱい
見習いたい…
DSC_0282_R



ひなまるnekomarusennsei  at 15:24コメント(0) この記事をクリップ! 

あけまして

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

希望と期待に胸が膨らむ新年。
何かいいことが待っていますように。
(ブドウ畑にワインをほこう園長)
DSC_0322_R
園長とヒナ



ひなまるnekomarusennsei  at 17:32コメント(0) この記事をクリップ!