トップページ » ぶどう
ぶどう

小さな収穫祭

ブドボラさま、そしてぶどう園を支えてくださった方々
今年もありがとうございました。

実りに感謝し、一年の労をねぎらう小さな収穫祭を
今年も開催することができました。

ブドウとワインと楽しいおしゃべり。
Jazzとbossa novaのライブで盛り上がって
秋の一日を満喫しました。

ミュージシャンのみなさん、ホントかっこよかった~(^^)
心を溶かす熱い演奏をありがとうございました。

DSC_0896R
















DSC_0905R
DSC_0941RDSC_0951R





ひなまるnekomarusennsei  at 19:21コメント(0) この記事をクリップ! 

「終了!」で「開始!」

毎日があっという間に過ぎていきます。
「あっ」というより「ボーゼン」という感じです。

気がついたら11月に入ってました。
今季のぶどうは終了しました。誠にありがとうございました。

でももしかしたら、
まだ息の長いスチューベンや、シャインマスカットが
道の駅竹田に並ぶことがあるかもしれません (・∀・)

そして今や遅しの勢いで、ワインの後半の仕込みに突入しています。
今は甲州で、最後はマスカットベリーAです。

その合間には、ブドボラさまへの感謝の気持ちを込めた
「小さな収穫祭」が待っています。

収穫の秋と、収穫後の秋、がんばるぞー。



ひなまるnekomarusennsei  at 13:00コメント(0) この記事をクリップ! 

終盤です

収穫も終盤に入りました。

10月も最終週。
朝晩はセーターがいるほどの冷え込みです。
畑から見る久住の山々も、だいぶ紅葉が進みました。

ぶどうたちはここまでよく持ちこたえてくれています。
お盆を過ぎてからこっち、毎日毎日雨に濡れて乾く暇がなく、
ぶどうにつけた紙の袋が雨で中の実にペッタリと張り付いて、
今季はこのまま傷んでしまってダメかも…と
悲しくなった時期もありました。
べと病という病気で葉っぱが傷んだ樹もあります。

でもそれはほんの一部で、
ほとんどの樹は美味しい実を収穫させてくれたあと、
写真のように無事に秋を迎えています。
すごい生命力です。

条件がいいときはゆたっと、
悪くても110%くらいがんばって、よりよく生きようとするしぶとい力。
この姿を見ると「よっしゃ!」と気合が入ります。

このぶんだともう少し出荷を続けられそうです。

 ↓ 雨よけもないのに、よくここまでがんばりました!

DSC_0816R


ひなまるnekomarusennsei  at 11:13コメント(0) この記事をクリップ! 

リフレッシュ

出荷を続けて1ヶ月。
疲れがたまってきました。
今日は収穫を一旦休んで、他の仕事を片付けました。
リフレッシュ〜。

私たちにとって、収穫は一年にたった一度だけです。
虫や天気の洗礼を乗り越えて、
雨の日も灼熱の日も共に過ごして美味しく実ったぶどうたちを、
完熟適期に、
できる限りたくさん送り出したいと思っています。

が、我が家のニニンリキ(2人力)は
数をこなすことにはどうも適していないようで
毎日コツコツ少しづつ…です。
お待たせしてしまってすみません。

収穫期の私たちの一日は、

朝イチでぶどうを収穫して、
傷みがないか点検して包装し、
ご注文内容をチェックしながら、
自称・梱包マイスターの園長が、細心の注意を払って梱包します。

配達時間の指定などに気をつけて、宛名シールを箱に貼り付けて、郵便屋さんに託します。
その間にも、ご注文のお電話を受けたり、配達先のお受取り状況を確認したり。

郵便屋さんに託した後は、ご注文の入力や、納品書や振込用紙の印刷や、入金の確認など細々とした仕事が夜までい〜っぱいあります。

大きくて人を雇っているところも、うちみたいな家族経営も、
農家の「産直」とはこういう作業でなりたっているんだと
自分がやってみて初めてその大変さがわかりました。

一日中ブドウのことで頭がいっぱいなので、たまに切り替えてリフレッシュ。
明日からまた頑張ります。

 

ひなまるnekomarusennsei  at 17:00コメント(0) この記事をクリップ! 

ありがとうございます

ブドウの出荷が始まって1ヶ月弱。
今年はスローペースではありますが、やはり疲労はたまってきてました。
小さな失敗がちらほら。
泣いても笑ってもたったの「2人力(ににんりき)」なのに、足並みが乱れます。

そんな時にありがたい差し入れをいただきました。
ケーキと即席ラーメン(玄米の麺ですよ)。思い出の果物ポポー。
まずは心が和んで、食べたら体の細胞にジュワーっと沁みました。

「ここぞ!」という時に、
心と体を元気にしてくれる「お宝箱」を頂戴することがあります。
なかなかお会いできない大切な方が、遠方からドンブラコと送ってくださるお宝に何度救われたことか!
農作業といい出荷作業といい、2人だけの孤独な作業ですが、いつも誰かに見守っていただいているからこそここまで続けて来れました。

15回目の秋。 
1回目の時の私より、どこか成長したでしょうか。
改めまして、これからもよろしくお願いいたします!
 

ひなまるnekomarusennsei  at 08:03コメント(0) この記事をクリップ! 

もうすぐです

今年は本当にスロースタートでした。
ようやく本格的に出荷をしています。
うちのブドウが「遅い!」ことは刷り込み済みのお客様たちも、
今季はさすがに不安になって「もうそろそろですか〜?」
とお電話をいただきます。お待たせしてすみません。

本当にもうそろそろです!

自分が食べて「美味しい!」と思えるブドウを袋に包んでいるときは
喜びでウキウキします。
無口な園長も口角が上がっています。
この気持ちを、ぶどうと一緒に箱に込めてお送りしたいと思います。



ひなまるnekomarusennsei  at 06:57コメント(0) この記事をクリップ! 

ぼちぼち始動

大変お待たせしております。
ようやくピオーネの出荷を始めました。
少しずつご予約のお客さまへの発送を始めています。

お客さま方はもう「耳にタコ」だと思いますが
ご来園の際は必ず事前にご予約くださいませ。

当園はほかと比べて収穫期が遅いです。
それにしても今年は特に遅いです。
夏に1か月も雨が降り続いたのが大きく影響しています。

うちが収穫が遅いのは、高原地帯で冷涼な気候であるというのも一つですが、完熟を待って収穫することが大きな理由です。

完熟収穫は言うは易しですが、農家にとってはリスキーな選択です。
時期を逃して熟しすぎてしまうと粒が落ちやすくなって輸送に耐えきれなくなりますし、気温や湿気の上下で傷みやすくなってしまいます。
台風なんか来たらイチコロです。
でもそのリスクをおかしても、木で熟した果実の美味しさを知っているので、できる限り待ちます。

園長が「今だ!」という時期を見極めたら、ひとふさひとふさ熟度を確認しながら収穫します。そしていっしょうけんめい送り出します。
一生懸命!のつもりなのですが、なんせ二人力。
しかも自称・梱包マイスター(園長)のみが細心の注意を払って梱包作業を担うので、1日に梱包・発送できる量が限られます。

そんなこんな…お届けが遅くなってしまう理由を申し上げましたが、もう少しお待ちください。
美味しいぶどうをお届けします。


ひなまるnekomarusennsei  at 21:54コメント(0) この記事をクリップ! 

やまぶどう終了

小公子と白豊の仕込みが終了しました。
今は静かに2次発酵中です。
ふうーっ。

この夏はブドウにとっては地獄の雨季でした。
お盆から1か月も毎日雨が続き、長靴が畑の土にズブっと入り込むほど。
モグラがおぼれてないか心配です。
こういうときは、雨を遮断できるハウス栽培だったらなぁとため息が出ます。

こんななかで完熟期を迎えた小公子は、立て続けに来た2つの台風のパンチをまともに受けてしまいました。
それでも、ちゃんと実りをもたらしてくれたブドウたち。
ちょっと割れたり、スズメバチに食べられたり、
それよりもっとず〜っと大量に小鳥と小さな獣に持っていかれたけど、
私たちにも十分な恵みを残してくれました。
本当にありがとう。

さて、今週末は地区の運動会。
来年は小学校が統合されるので、この小学校での運動会は今年が最後です。
私は打ち上げのご馳走の買い出し係です。

そしてこれが終われば、ピオーネの収穫が始まります。
楽しみに待ってくださってるお客さまのもとにお届けいたしますぞー。


ひなまるnekomarusennsei  at 16:18コメント(0) この記事をクリップ! 

目が回る

今日は集落の祭りの準備です。(実際のお祭りは来週末です)
集落内の道の草刈りや、お宮の掃除、しめ縄をなってお宮に飾り付けたり。
自治会長の園長は 「今日だけは雨降るな〜」と念じて出て行きましたが、出た途端、無情にもザザーッと雨が。よりによって大降り!
外でやるお宮掃除や縄ないの作業はできるかなぁ。

そして夜は小学校の運動会の話し合いがあります。
主役はもちろん小学生ですが、校区内の自治会も参加して大いに盛り上げます。
東西南北のチームに分かれて対抗戦をするんです。
高齢者がメインですが、走ったり力技だったりで熱が入ります。

小学校は今年度いっぱいで閉校します。
移住してから毎年参加してきた運動会もこれで最後。
今日は近隣3自治会が集まって、各競技に参加する選手を決めます。
園長が座長なので、私もお接待に出動です。

9月はこのほかにも、集落が運営する水道組合や共有林の草刈りもあります。

9月の半ばからは、ブドウの収穫と発送で大忙し。
それに加えて毎週末に行事が入るので、本当に目が回ります。

ご来園の際は、まずはご連絡くださいませー!
 

ひなまるnekomarusennsei  at 08:37コメント(2) この記事をクリップ! 

ヨナのあとは台風

ご心配おかけしました。

今回の風はかなり強かったです。
2階の屋根より背が高い、庭のケヤキがばっさばっさと左右にゆすぶられて、
折れてしまうんじゃないかとはらはらしました。

ブドウたちは大丈夫なのか?
風が弱まるとすぐに園長が見回りに。
無事でした~。ほっ。
父が大切にしていた亀甲竹と、キウィと、春の味覚を楽しませてくれたタラノ木と、ほうの木が折れていましたが(涙)、なんのこれしき、これくらいで済んでラッキーというものです。

ブドウの葉っぱが風にもまれて傷んでしまうと困るんですが、それも目立った被害はありませんでした。
今年の葉っぱは災難続き。
梅雨が明けた途端、火山灰が降って表面をうっすらと覆ってしまいました。
火山灰は意外と強固にくっついていて、土砂降りくらいの雨で洗い流されません。
でも今回の大雨と大風で洗われて、本来の緑色が戻ってきていました。

自然災害は収穫の季節を前にすると、多くなってくる気がします。
豪雨に火山灰に雷に(集落の杉に落ちたんですよ)台風。
もうすぐやまぶどうの収穫が始まるから、お休みしておいてほしいです。


ひなまるnekomarusennsei  at 13:14コメント(0) この記事をクリップ!