トップページ » つれづれ
つれづれ

リフレッシュ

出荷を続けて1ヶ月。
疲れがたまってきました。
今日は収穫を一旦休んで、他の仕事を片付けました。
リフレッシュ〜。

私たちにとって、収穫は一年にたった一度だけです。
虫や天気の洗礼を乗り越えて、
雨の日も灼熱の日も共に過ごして美味しく実ったぶどうたちを、
完熟適期に、
できる限りたくさん送り出したいと思っています。

が、我が家のニニンリキ(2人力)は
数をこなすことにはどうも適していないようで
毎日コツコツ少しづつ…です。
お待たせしてしまってすみません。

収穫期の私たちの一日は、

朝イチでぶどうを収穫して、
傷みがないか点検して包装し、
ご注文内容をチェックしながら、
自称・梱包マイスターの園長が、細心の注意を払って梱包します。

配達時間の指定などに気をつけて、宛名シールを箱に貼り付けて、郵便屋さんに託します。
その間にも、ご注文のお電話を受けたり、配達先のお受取り状況を確認したり。

郵便屋さんに託した後は、ご注文の入力や、納品書や振込用紙の印刷や、入金の確認など細々とした仕事が夜までい〜っぱいあります。

大きくて人を雇っているところも、うちみたいな家族経営も、
農家の「産直」とはこういう作業でなりたっているんだと
自分がやってみて初めてその大変さがわかりました。

一日中ブドウのことで頭がいっぱいなので、たまに切り替えてリフレッシュ。
明日からまた頑張ります。

 

ひなまるnekomarusennsei  at 17:00コメント(0) この記事をクリップ! 

今日も…

♪ 三本松は今日も雨だった…

降り始めてからもう3週間が過ぎました。
夏にこれほど降り続けるのは初めてのことです。
梅雨が戻ったような高温多湿の中、ブドウたちはがんばってくれています。
でもうちはハウス栽培ではなく露地なので
ずーっと雨に当たりっぱなしで、さすがに心配です。

そろそろ出荷の時期が近いんじゃない?と、お客さまからの問い合わせも入ってきています。
お客さまは、当園の悲喜こもごもを一緒に経験してこられたツワモノ揃い。
私の自慢なんです。

雨が降ると「玉割れはしてないか?」
台風が過ぎると「傷んでない?」
と、我がことのように心配してくださいます。
胸が熱くなります。
この気持ちを込めて、ブドウをお届けしたいと思っています。

さて、畑では小さな獣たちがブドウの食べ放題パーティーを開いている模様。
綱紀粛正のため、ヒナの投入も近いです。

待ってましたと畑を走り回るヒナ
DSC_0580R

はりきって畑のあちこちに大穴を掘りまくり、園長に御用となったヒナ。
ネズミとモグラはいいから、タヌキやアナグマやテンににらみを利かせて。
注:園長がほっそり見えるのは写真がやや縦伸びしているからです。
実際はほっそりしていません。「千代丸」と呼びたいくらいです。
DSC_0602R



ひなまるnekomarusennsei  at 22:38コメント(2) この記事をクリップ! 

目が回る

今日は集落の祭りの準備です。(実際のお祭りは来週末です)
集落内の道の草刈りや、お宮の掃除、しめ縄をなってお宮に飾り付けたり。
自治会長の園長は 「今日だけは雨降るな〜」と念じて出て行きましたが、出た途端、無情にもザザーッと雨が。よりによって大降り!
外でやるお宮掃除や縄ないの作業はできるかなぁ。

そして夜は小学校の運動会の話し合いがあります。
主役はもちろん小学生ですが、校区内の自治会も参加して大いに盛り上げます。
東西南北のチームに分かれて対抗戦をするんです。
高齢者がメインですが、走ったり力技だったりで熱が入ります。

小学校は今年度いっぱいで閉校します。
移住してから毎年参加してきた運動会もこれで最後。
今日は近隣3自治会が集まって、各競技に参加する選手を決めます。
園長が座長なので、私もお接待に出動です。

9月はこのほかにも、集落が運営する水道組合や共有林の草刈りもあります。

9月の半ばからは、ブドウの収穫と発送で大忙し。
それに加えて毎週末に行事が入るので、本当に目が回ります。

ご来園の際は、まずはご連絡くださいませー!
 

ひなまるnekomarusennsei  at 08:37コメント(2) この記事をクリップ! 

青空だ!

久しぶりに青い空が見えました。
すぐ曇りましたが。

それでも一瞬、夏が戻ってきた!
ここまで雨が続くと蒸し暑くても何でも、
とにかくお日さまにあたりたい。

お日さまがなくても草はよく伸びます。
ヒナの小屋の周りの草刈りしてあげないと、
姿を見失ってしまいそうです。
小屋の前あたりは、ヒナが自分で爪で地面を掘って、
太い根っこは歯で引き抜いて、草むしり(?)しました。
 FE8AA832-EDE5-4410-B202-5B7CAA6B3A06
AA1DFACB-806F-4581-B5A7-085737AC6665



ひなまるnekomarusennsei  at 16:08コメント(0) この記事をクリップ! 

スズメバチ

今日も雨の中、小公子を収穫して仕込みました。
写真は、手除梗の様子です。
「なんの修行ですか?」と言いたくなるような、気の遠くなる作業です。

そして今日はこのあと、気が遠くなるほどコワイ事態も待ち構えていました。
F71D3015-6C17-4F92-82E6-CA6F0E188FBF

畑の物置に、スズメバチが巣をかけていたのです。
園長によると、メロン大のツボのような巣が下がっていたそうです。
これ以上大きくなってしまったら自分たちでは駆除できません。
すぐに駆除することにしました。
武器は蜂用のスプレー。殺虫剤は嫌いだけど命には代えられない。ハチさんごめんね。
雨合羽にゴム手袋と防護メガネ、蚊除けのネットがついた麦わら帽で完全防備(?)した園長が現場に向かいました。
私は軽トラで待機して、万が一、園長が刺されたら拾って走り去る後方部隊。

園長がツボの下の穴から蜂用のスプレーを吹き込んで、出てきたハチをほうきで叩く音が車まで聞こえてきました。中の様子が見えなかったので怖かった…。
数分間の格闘の末、無事に巣を取り除くことができました。

ぶどう園にはブドウを狙うスズメバチが たくさん来ます。
特に山ぶどうが好きなんです。ブドウの果肉を味わうチョクチョクという音が聞こえるくらい近くにいます。
スズメバチの中のスズメバチ、オオスズメバチが飛んでくると、ブ〜ンという羽音に風圧すら感じます。
ブドウにとまっているのに気がつかずに、うっかり握ったりしてしまったこともありますが、刺されたことは一度もありません。ハチがブドウの汁を吸うのに夢中になっているからだと思います。
ブドウを愛するものどうし、平和にいきたいところです。
 

ひなまるnekomarusennsei  at 23:09コメント(2) この記事をクリップ! 

雨、雨、雨

降りますね~。
梅雨でもないのに、除湿器を引っ張り出してきて部屋干しで洗濯物を乾かしています。

降り続けてもう10日以上になります。
今週も天気予報はずーっと雨マークです。
テレビでは大雨になるでしょうと警告しています。
異常です。
でもここ数年、こういう異常気象が普通になりつつあります。

同じ県内、同じ市内でも、雨が降ってないところもあるのに
どうしてうちの畑には毎日降るんだ~(涙)!

ぶどうの葉っぱをカラリと乾かして、お日さまにサンサンとあててあげたい。
私もヒナもカラリと乾きたい。
秋晴れの日まで辛抱です。

(追記)
昨日の夕方、たくさんの保存食料をストックしていた、大型の冷凍庫が壊れてしまいました。
がーん。私たちの食の命綱が…(涙)!
新しい冷凍庫を買いに行く時間は、もちろん…ない。
家庭用の冷凍庫に入る分は移したが、入りきれなかった分は急いで消費しなければならなくなった。
園長が目を輝かして、い~い仕事してくれています。



ひなまるnekomarusennsei  at 22:06コメント(0) この記事をクリップ! 

はち

今年は当たり年のようです。
今度はハチに刺されました。
犯人は、普段は大人しい、畑の番人アシナガバチさんです。

アシナガさんから見ると住居不法侵入者を撃退しただけで、なんの非難される筋合いもありません。
でも痛かった。バシッときました。
巣があると気づいていたのに、うっかりガッツリ触ってしまってごめんなさい。

巣に触れた途端、ブワーッとハチが舞い出てきてハッとしましたが、刺されたのはたった1ヶ所でした。
手加減してくれたんですね。
ありがとう。(園長は草刈りしている時に巣に触って、10ヶ所くらい刺されてしまったことがあります。おお痛い!)
アシナガさんはとても有能な畑のハンターですが、人には危害を加えません。
もし刺されることがあったら、人間の側に原因があるのです。

先日のアブのせいでアレルギーの薬を服用していたせいか、思ったほどにはまだ腫れてきてません。
塗り薬も、アブ用のを即塗りました。 ハチにも使えますと聞いたので。

再度申し上げます。
みなさん草むらにはご用心ください。 
それではまた畑に行ってまいります。 

ひなまるnekomarusennsei  at 13:30コメント(4) この記事をクリップ! 

あぶ

ヒナの動物病院行きをさておいても、
皮膚科受診を余儀なくされたワケとは。

右足のふくらはぎを虫に刺されて、ちょっとホラーな色に腫れあがってしまったからです。

14日の夕方、ヒナにおやつをあげていたほんの1分間くらいの間のできごと。
ふくらはぎのところを「じくっ!」という痛みとともに何かが刺しました。
手でパッと払ったらハエのような虫が飛んでいって、足を見ると血がにじんでいました。

すぐに腫れ始めてかゆみも強くなって、寝る頃には足首まで腫れてきました。
翌日には手のひら大の真っ赤な部分ができて、そこが硬くなって、周りがぷつぷつと内出血してきました。
さらに翌日には真っ赤な部分はムラサキ&グレーに
ぷつぷつの内出血はくるぶしの近くまでひろがってきて、
その頃になると痛みも出てきました。
「私の足どうなると~」と怖くなってきました。

それで、お盆休み明けに皮膚科に駆け込んだという次第です。

先生によると「たぶんアブかブトでしょう」ということでした。
強力なかゆみ止め軟膏をぬって、アレルギーの薬を飲んだら、ホラーだった足の色がウソのように薄くなってきました。
今もまだ腫れは残っていますが、もう足らしい形です。

もともと虫刺されの後が残りやすい体質とは言え、この腫れかたはコワかった。でも、それほどレアなことではないようですよ。
薬をもらいに行った薬局では「刺し口のところが崩れて、たぶんもっとひどいことになりますよ~」と脅されましたし、友だちは「足が腐っていくかと思った」と自らの恐怖体験を語ってくれました。

みなさんも夕方の草むらにはご注意を。



ひなまるnekomarusennsei  at 17:47コメント(0) この記事をクリップ! 

よく降ります(その2)

今日もよく降りました。
外は暗い1日となりましたけど、
先ほど食台の上を見ると、友達からもらった桜の枝が満開になっていました。

花柄がほとんど伸びてないので、こんもりとマリのように咲いています。
ソメイヨシノではないですね。何という品種でしょう。
写真では色のニュアンスが出ていませんが、花びらの先だけ淡いピンクです。
春です~。そわそわ。
DSC_0561_R




ひなまるnekomarusennsei  at 18:30コメント(0) この記事をクリップ! 

よく降ります

春に3日の晴れなし
とは言うものの、このところ本当によく降ります。
これだけしっかり降ってくれれば、先日株分けして植え替えた草花の根が土によくなじみます。

目覚めの春は、別れの春でもありますね。
芽吹きがすぐそこまで来ているはずなのに、
冬に戻ったような重たい雨空を眺めるとさびしいです。

そんな時はヒナを見て元気出しましょう
 ↓ 去年の今頃のヒナ 太い枝をカミカミするお仕事
DSCN7308_R



ひなまるnekomarusennsei  at 16:23コメント(0) この記事をクリップ!